TENGA AEROの使い方体験記!強力なバキューム感で快感へ導くオナホール【テンガ・バキュームオナホ】

TENGA

この記事では「TENGA AERO」の使い方を実際に購入して解説します。

オナホが欲しいけど使い捨てはもったいない。バレたくないけどすぐ手が届く場所に隠さずに置いておきたい。いろいろ買うのは面倒だから1個でいろんな刺激を楽しみたい。こんなわがままありませんか。これ全部「TENGA AERO」で解決できます。

今回はそんな「TENGA AERO」を私が実際に買って、使って徹底的にレビューします。誰もがご存知TENGAから満を持して登場した超スタイリッシュオナホ「TENGA AERO」ならあなたのパートナーになってくれること間違いなし!ぜひ本記事でTENGA AEROの魅力に触れて下さい。

TENGA AEROってどんなオナホール?

TENGA AEROはダイヤルを絞ることでバキューム感・締め付け感をコントロールできるまったく新しいタイプのオナホールです。ダイヤルは1~10段階、徐々に刺激が強くなりますから遅漏の方でも楽しめるレベルでオナホとしての性能は非常に高く、赤テンガにも負けないバキューム感を楽しめる仕上がりになっています。まるで痴女にバキュームフェラで責められているようなこの刺激はオナホマニアの私でも感動してしまいました。

 

絡みつくスクリュー快感の「Silver Ring」と吸い付くパイル快感の「Cobalt Ring」の2種類を展開。はじめこそキャッチコピーを大げさだと侮っていましたが、実際に使ってみてなるほどと思わず唸るほどの気持ち良さ、そして快感の明確な違いに驚かされました。内部構造の違いでこれほどまで変化があるのかと思いましたね。

どちらも使ってみましたが私のおすすめは「TENGA AERO Silver Ring」です。メリハリのある内部構造がねっとり絡みつき、奥まで吸い込まれるような快感を生み出します。名器と呼ばれるレベルの女性器と、強烈なバキュームフェラを同時に味わうようなこの快感は腰砕けになりました。価格こそ使い捨てに比べて高いですが、洗って繰り返し使えることを考えるとコスパはかなり良いと思います。

もちろん、もう一つのTENGA AERO Cobalt Ringも使用しましたが、こちらは吸い付く感触がより強く、フェラチオ好きの男性におすすめの仕上がりとなっています。どちらを選ぶかはその人次第といえるでしょう。咥えて放さないフェラチオを疑似体験したい方は、「TENGA AERO Cobalt Ring」を選んでください。

↓おすすめの「Silver Ring」↓

商品名TENGA AERO Silver Ring
対応サイズフリーサイズ
使い方繰り返し使用可
参考価格4,180円
総合評価
★★★★☆
刺激の強さ  ★★★☆☆
絡みつき具合 ★★★★☆
バキューム感 ★★★★★

 

 

TENGA AERO 「Silver Ring」とは

「TENGA AERO Silver Ring」はメリハリの効いた内部構造に仕上げられており、高弾力のゲルが締め付けるような快感を生み出します。前半はまるで膜をクポクポと通過するような先端刺激が楽しめ、中間から奥にかけては360°ねっとり締め付けられるような快感に襲われます。リアルと男性が求める快感のバランスが素晴らしく、実用的なオナホールといえるでしょう。

「TENGA AERO」の特徴でもあるダイヤルの変化も感じやすく、10段階それぞれの良さを味わうことができます。バキューム感、締め付け感のバランスもよいので、「TENGA AERO Cobalt Ring」に比べて万人受けするオナホールといえるでしょう。ずっと挿入していたい、ずっとフェラチオされたいという男の願望を叶えてくれる、素晴らしいオナホールです。

関連記事 【全2種類】TENGA AERO(エアロ)のおすすめ人気ランキング

 

 

TENGA AEROをオナニスト視点で徹底解剖!

TENGA AEROが実際にどんなオナホールなのか、いちユーザー、いちオナニストの視点でじっくり解説しましょう。オナホレビューは数あれどインプレッションを細かにレビューしている記事は意外と少ないですから、もしTENGA AEROに興味を持っていただけたら参考にしてくださいね。

 

TENGA AEROの見た目はスタイリッシュ

TENGA AEROはかなりスタイリッシュな見た目をしていますね。ほかの商品も同じですがTENGAブランドはビジュアルにもこだわって作られているので、定番の赤テンガ以外は「近未来的なナニか」という印象を受けると思います。特にTENGA AEROはメイン機能のダイヤル部分がアクセントになってクールなインテリアのような見た目をしています。

 

TENGA AEROは名器のキツさと抜群の挿入感

本体の大きさは全長は約19cm、横幅約8.1cmと片手で扱くオナホの中では存在感がある方ですね。無機質なケースと相まって大味な挿入感を想像する方もいらっしゃるでしょうが、実際はバキューム感を追求した気持ちの良いキツさでした。

挿入口は約1.3cmで限りなく本物に近い挿入感をイメージしてつくられているのが分かります。使用感もまさにその通りで、パッと見は狭く感じますが先っぽを飲み込むように咥え込んでくれて痛みなどは一切ありませんでした。

内部は厚めの高弾性ゲルを採用しているのでやや硬めの仕上がりとなっています。「Cobalt ring」も持っているので比較してみたのですが、「Silver Ring」の方が硬く感じました。イメージとしては締りの良い名器といったところでしょう。

 

TENGA AEROのバキューム感はダイヤル調節可能

TENGA AEROはバキューム感調節用のダイヤルが装備されています。10段階操作できるのですが、1段階目のダイヤルから強いバキューム感と締め付け感に襲われます。吸い付かれてキュンキュンに締め上げられる刺激を堪能することができるので、遅漏の方でもストレスなく使用できるでしょう。シコシコしながらダイヤルを回せる使い勝手の良い作りになっているので、変化を楽しむことができます。非電動式でこの変化を生み出す構造には脱帽です。

 

TENGA AEROはメンテナンスしやすいオナホール

TENGA AEROは内部のゲルとケースを外して洗浄することができます。キャップがそのまま乾燥スタンドになるので本体一式で完結するのもポイント。ダイヤル機能があるのに電気部品が使用されていないので水洗いの時に気をつかわないでいいのもメンテナンス性が高くて良かったです。ただ1点、ひっくり返して洗うことはできないので無理やりやろうとしないように注意しましょう。

 

 

TENGA AEROの使い方

TENGA AEROの使い方は一般的なオナホールと変わりません。ローションを注入してモミモミしながらしごくだけなので初心者でも安心ですね。画像付きで解説します。

 

使い方① キャップを外す

まずは本体下部にあるキャップを外してください。すると挿入口がお目見えします。キャップには黒い棒が付いているので、内部を傷付けないようできるだけ真っ直ぐ引き抜いてください。力を入れなくても簡単引き抜くことができました。

 

使い方② ダイヤル位置を確認

次はダイヤル確認です。TENGA AEROはダイヤル調節が目玉ですが、はじめから高レベルにしていると挿入自体がままなりません。なので必ずここでダイヤルを最小にしておきましょう。ちなみに1段階目のダイヤルでも赤テンガに負けないバキューム感と締め付け感があります。

 

使い方③ ローションを注入して挿入する

ローションを注入するときは、中へ流し込むように少しずつ注入してください。TENGA AEROはハードケースに包まれているので、手でモミモミして吸い込ませるようにローションを行きわたらせる方法が使えないからです。まあ漏れなければOKです。挿入口にも塗っておくとスムーズに使えますよ。

準備ができたら挿入してみましょう。しばらく扱いてみて問題なければダイヤルで刺激レベルを上げます。バキューム感、締め付け感がどんどん強くなるので自分で具合の良いところを見つけて楽しんでください。ちなみに私はMAXでも6段階目までにするようにしています。

 

使い方⑤ 洗浄して乾燥させる

使用後は、本体からオナホール部分を引き抜いてください。本体がローションで汚れた場合は、ウェットティッシュで拭くだけでも綺麗になります。取り外したオナホール部分はくれぐれもひっくり返さず洗浄してくださいね。私は綺麗に洗いたくて、ひっくり返したら壊れてしまいました・・・。

洗い終わったら感想です。キャップがそのまま乾燥用の台になるので、棒の部分をシャキーン!っと伸ばして画像のように突き刺したら後はほっておくだけで乾燥できます。このあたりのメンテナンス性の良さはさすがですね。使い捨て派の方もストレスなく使えるでしょう。

 

 

TENGA AEROのおすすめの使い方

ここからはTENGA AEROのおすすめの使い方を紹介します。おすすめの使い方というと聞こえはいいですが、単純に「もっと変態的なオナニーをしよう!」というコーナーです。刺されば気持ちよさは倍増しなのでぜひ試してみて下さい。

TENGA AEROを香り付きローションでレベルアップ

TENGA AEROの特徴はバキューム感と締め付け感をコントロールできることです。ダイヤルを低めに設定すれば柔らかな感触、高く設定すればキツめの名器に早変わりです。これを香り付きローションでうまいことレベルアップさせようではありませんか。

まずは低め設定の柔らかい使い心地のときは、母乳の香りが付いたローションがおすすめです。年上の女性に優しく包まれているバブの気持ちを思い出しながら楽しめます。次にダイヤルを絞ってキツめの設定で使いたいときは、女子高生の香りが付いたローションがおすすめです。学生の頃の思い出に浸りながら、ちょっとアウトな妄想にふけりながら、あなたのペースで楽しめます。

また、挿入する際は、バキューム感と締め付け感を最大限に味わうため、奥突きよりも入り口付近で先端刺激を楽しむ方がよいでしょう。素早く出し入れしながら、挿入した瞬間の心地良さを味わうと、強制的に絞り取られるような錯覚に襲われます。そしてバキュームの空気音も楽しむようにしてください。しっかり吸われている感触がより強く感じられるようになります。

↓母乳の香りが漂うローション↓

 

TENGA AEROとベーグルクッションの組み合わせ

ベーグルクッションとは画像のようにドーナツ状になっているクッションのことです。この穴にTENGA AEROを装着して壁に押し当てながら腰振りすると疑似イラマチオができます。天井に向けて床置きした状態で真上から挿入するように腰振りしたらシックスナインのような快感も楽しめました。これは革命ですよ。

見た目はただのクッションなので隠す必要もありませんし、TENGAに限らずオナホールを固定するのに便利なのでオナニストなら一つは持っておきたいマストアイテムですね。

↓おすすめのベーグルクッション↓

 

TENGA AEROで下着オナニー

TENGA AEROはおしゃれなデザインですが、そこが弱点だな、というお話です。というのも私に限らずオナホ愛好家の中にはあの卑猥な見た目、柔らかさを感じるビジュアルに惹かれる方も多いはずなんです。そんな私たちにはスタイリッシュですがちょっと無機質に過ぎる印象を受けました。

そこで魔改造してやりましたよ。なんと!女性用の下着をあのTENGA AEROさんに巻き付けて腰をふってやったんです。これが思いのほか盛り上がりまして、視覚的には下着で扱いている風に見えますしそのくせオナホだから異様に気持ちいいんです。しかも掴んでいる手には下着の感触が伝わってくるからこれはもう大興奮です。

これに関しては変態が過ぎると思いましたが、TENGA AEROに限らずオナホなら何でも使えるやり方なので共有させていただきました。下着はAmazonやFANZAで簡単に購入できますし、サイズを気にする必要もないので素材感とビジュアルで気に入ったやつを買って使ってみて下さい。

 

 

TENGA AEROは変化を楽しむオナホール

TENGA AEROはダイヤルの調整によってバキューム感、締め付け感を自在にコントロールすることができます。非電動式でありながら、変化を楽しめるのが魅力です。ダイヤル調整による変化にメリハリがあるので、初めて使用した方は驚くでしょう。

見た目も芳香剤のようなおしゃれなデザインに仕上げられているので、万が一見つかっても、オナホールとは気付かず、そのまま見過ごして貰える確率がUPします。女性が男性にプレゼントしても、恥ずかしさが少ないので、ぜひ、特別な日の贈り物として活用してください。

 

タイトルとURLをコピーしました