『W88』の本人確認についてわかりやすく解説

W88

この記事では『W88』の本人確認をわかりやすく解説します。

『W88』をはじめ、ブックメーカーで出金するには本人確認が必要です。これはマネーロンダリングなどの不正を防止するため、すべてのブックメーカー・オンラインカジノで実施されています。

この記事では、ヘルプページに記載されている内容を中心に、『W88』の本人確認について解説します。

『W88』の本人確認に必要な書類

『W88』の本人確認は以下の書類が必要です。すぐに提出できるよう、事前に確認しておきましょう。

人確認書類
・ 顔写真付きの身分証明書 両面

※身分証明書は運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなどでOKです。

本人がプレーしていることを証明するためなので、基本的には上記書類でOKです。

しかし、場合によっては住所確認書類(公共料金の領収書やクレジットカードの利用明細書)、入金に使用したクレジットカードの写しなども提出を求められることがあるようです。

『W88』本人確認書類の提出方法

本人確認書類を提出するときは、下記サポート部門へ画像を添付して送ります。

W88サポート:info@w88.com

このとき、必ずあなたが『W88』に登録したメールアドレスから送るように注意してください。

仮に登録していないアドレスから送信すると、偽情報として受理されなかったり、そもそも無視される可能性が高いです。本人確認に限らず、なにかトラブルがあったときも問い合わせが必要になるかと思うので、今後のためにも登録アドレスは必ず控えておきましょう。

また、添付ファイルのサイズも確認してください。

複数の画像を添付する場合、画像の容量が大きすぎると送信できないことも十分あり得ます。そんなときは複数のメールに分けて送ればOKです。

各メールにあなたのユーザー名や本人確認書類を添付する旨を記載しておくとベターです。もちろん登録したアドレスから送信してくださいね。

『W88』の本人確認書類提出時の注意点

『W88』で本人確認書類の提出をする際の注意点について説明します。

もしも不備があると再提出を求められることもしばしばです。せっかく出金したいのに、なかなか出来ないのは大きなストレスにもなりますよね。

そうならないためにも、一発合格ができるように注意点を確認しておきましょう。

画像は四隅がすべて収まるように撮影する

提出した画像の一部が見切れていたり、ちょっとでも四隅が入りきっていない場合は、再提出を求められます。提出前には必ず画像をチェックしましょう。

どんなに情報が鮮明に撮影されていても、四隅がすべて写っていないとその時点でNGです。

あまり被写体をカメラに近づけすぎると、不本意に画像の端が切れてしまうこともあり得ますので、少し距離を離して、必ず四隅がカメラの枠内に収まっていることを確認してから撮影しましょう。

ちょっとした横着が、二度手間三度手間を生んでしまいがちなので注意です。

画像は鮮明に撮影する

四隅が入っていても文字・写真が不鮮明な場合は再提出を求められます。住所や氏名と言った情報を確認するための作業ですので、当たり前ですね。

画像を鮮明に撮るコツ
これは経験談ですが、水平のところに書類を置いて撮影しようとすると、光が入ってうまく撮影できないことが多いです。本やバインダーなどをうまく利用して、斜めの角度から撮影すると、光が邪魔をせずうまく撮影できることが多いので、是非実践してみてください。

クレジットカードの裏面には必ず記名しておく

資金源確認書類として、クレジットカードの画像を求められることもあります。クレジットカード入金すると高確率で提出が必要なのですが、そのときの注意点ですね。

クレジットカードは裏面に自分の名前を書いておきましょう。

普段のショッピング程度なら不要かもしれませんが、『W88』の本人確認で提出するには名前の明記が必須なんです。

当然ですが、記名欄の横にある3桁(もしくは7桁)のCVVは隠した状態で撮影しましょう。

タイトルとURLをコピーしました