【最新版】ブックメーカーの出金方法はこの戦略で決まりだ!

税金・確定申告について

ブックメーカーでは、毎回の賭けを的中させる以外にも、お得に資金を増やしていくことができる方法があります。

それが、出金時です。ブックメーカーやオンライン決済サービスによって、出金の際に、特別なボーナスやキャッシュバックを受けて、資金を増やすことができるのです。

そこでこの記事では、ブックメーカーで出金の際にも資金を増やしていくための戦略について、紹介していきたいと思います。

出金方法選択のポイント

ブックメーカーでは、様々な出金方法を選択することができます。基本的には、ブックメーカーから直接銀行口座に出金することはできず、オンライン決済サービスを経由することとなります。

一般的なブックメーカーで利用できるオンライン決済サービス
・エコペイズ
・ヴィーナスポイント
・アイウォレット

このほか、スティックペイマッチベターなどが利用できる場合もあります。

また、仮想通貨での入出金が可能なブックメーカー、銀行口座への直接出金が可能なブックメーカーもいくつかあります。

どの出金方法が最も望ましいのか、それは個々人の希望によりけりです。そこで、ここからは出金方法の選び方を具体的にどんなポイントを重視して決めればいいのかを説明します。

出金可能額

ブックメーカーごと、オンライン決済サービスごとに一度に出金が可能な金額には上限が設けられています。

高額の勝利金を得て、一気に大きな金額を出金したいと考えている方は、できるだけ出金可能額が大きな方法を選択しましょう。

絶対というわけではありませんが、アイウォレットなら高額出金が可能な場合が多くあります。

せっかく100万円を得たとしても、出金可能額が10万円だと満額出金するのに10回も手続きが必要ですし、なにより手数料がもったいないです。

手数料

ブックメーカーよって、出金手数料が発生する場合があります。せっかく得た勝利金を、手数料で失ってしまうのは非常に勿体ないですよね。

手数料には気を付けましょう
オンライン決済サービス 基本的には手数料無料
銀行口座への出金 手数料発生の可能性アリ

なお、ブックメーカーでの利用通貨とオンライン決済サービスでの管理通貨が異なる場合、為替手数料が発生することもあります。例えば、ブックメーカーではドルを利用しているのに、オンライン決済サービスではユーロで管理しているというような場合です。

余計な手数料を発生させないために、双方の通貨単位は事前に統一させておくのがオススメです。

資産運用の可否

ブックメーカーやオンライン決済サービスによって、出金するだけで資産を増やせるような場合もあります。

その典型的な例が、ヴィーナスポイントです。詳しくは後述しますが、ブックメーカーからヴィーナスポイントに出金するたびに、所定の割合で資産を増やしていくことができるのです。

そのほかにも、NetBetやウィリアムヒルでも、オンライン決済サービスからの入出金を通じてお得に資金を増やせるオプションがあります。

賭けを外しても、資金を増やせるのはとても嬉しいですよね。こういったお得に資金を増やせる出金方法も見逃せません。

お得な出金方法は「Venus Point」一択

あなたが利用しているブックメーカーで、「Venus Point」への出金が可能ならば、迷わず「Venus Point」への出金を選びましょう。

「Venus Point」について、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください→(Venus Pointの記事)

「Venus Point」内では通貨はptという単位で管理されています。1ptあたり1ドルと同価です。そして、「Venus Point」では入出金額に応じて、その0.4%分がポイントバックとしてプールされ、翌月に貯まったポイントを受け取ることができます。

つまり、ブックメーカーから「Venus Point」に1000ドル出金したとすれば、その時点で「Venus Point」におけるポイントバックが4pt(4ドル)貯まるという訳です。

1か月につき、1000ptまで貯めることができますので、出金先に「Venus Point」を指定するだけで、毎月最大で1000ドル相当を稼ぐことができます。

火曜日と土曜日の取引では、ポイント還元率がアップするチャンスもあり。

もちろん、出金限度額などの事情も関わってきますが、「Venus Point」が利用できるのに利用しないというのは、とても勿体ない選択だと言わざるを得ません。

タイトルとURLをコピーしました