スポーツベッティングの始め方 注意点や抑えるべき3つのポイント徹底解説

スポーツベッティングの始め方

スポーツベッティングを始めるためには、いくつかの注意点やポイントがあります。

スムーズにブックメーカーに登録し、スポーツベッティングを楽しむために大切なことを、この記事で徹底解説していきます。

スポーツベッティングの始め方

スポーツベッティングは始めるのは非常に簡単です。すべきことは、ブックメーカーに登録し、入金するだけ。これで、『スポーツベッティング』を楽しめます。

『スポーツベッティング』の流れ
・「ブックメーカー」に登録
・入金(必要に応じて都度)
・「ベット」を楽しむ
・勝利金を出金
大まかな流れはこんな感じです。基本的に登録にかかる時間は5分程度、長くても10分はかかりません。注意したいのは「入金」「出金」ですね。このあたりも解説しますのでご安心ください。

登録の手順

ブックメーカーに登録するためには、基本的に以下の手順を踏むことになります。

STEP1.ブックメーカーのサイトにアクセスする
STEP2.「新規アカウント作成」「New Account」などをクリックする
STEP3.必要事項を入力する
STEP4.登録したEメールアドレスや電話番号宛に、アカウント作成完了の連絡が来る

特に難しいことはありません。

登録時に入力する必要事項
・名前
・住所
・生年月日
・(必要ならば)ボーナスコード
・利用したいユーザーネーム
・パスワード
・秘密の質問とその答え

といったあたりが一般的です。何か特別に用意しなければならないものがあるわけではないので、非常に簡単に登録を完了させることができます。

入金の手順

多くのブックメーカーでは、アカウント作成が完了すると、そのまま入金ページへと移動します。最初の入金は、クレジットカードやデビットカードが一般的でしょう。

入金時に必要な情報
・入金希望額
・カード番号
・カード名義人
・有効期限
・CVV番号(カード裏面に記載)

これでOKです。手続きが正常に行われれば、即座にアカウントに入金が反映されます。

始める際の注意点

登録も入金も非常に簡単なのですが、いくつか注意点があります。簡単だから、と手を抜いて適当に入力していると、後で面倒くさいことにもなりかねないので、注意しておきましょう。

基本的に英語で入力する

氏名や住所等、登録に際しての情報はすべて英語で入力するのが一般的です。氏名については、姓名を入れ替えるだけなので特に難しくはありませんが、住所は慣れていない方が多く、注意が必要です。

英語表記の住所は、日本語の順番とは大きく異なってきます。1つ、具体的な例をもとに解説しましょう。

「東京都千代田区大手町1丁目2-3 大手町マンション123」
「Otemachi mansion123,Otemachi1-2-3,Chiyoda-ku,Tokyo-to」

というようになります。住所の後ろから順番に表記するというわけですね。ここは結構間違えやすい部分なので、しっかりと注意して入力しましょう。

自信がない方は、「JuDress」のように、日本語の住所を英語に一発変換してくれるサービスを利用するのもいいでしょう。

必ず本人名義で

ブックメーカーのアカウントを利用できるのは本人のみです。利用できるクレジットカードも本人名義のみ、そして出金先に指定できる口座も本人名義のみです。

ブックメーカーは、ボーナスの不正利用やマネーロンダリング防止の観点から、かなり厳しく本人確認を徹底しています。

本人以外の名前で登録すると、かなり厄介なことになりかねません。必ずあなた自身の名義で登録してください。

誤入力に注意

とても簡単に登録が完了するから、と適当に入力を済ませてしまうこともあるかもしれません。すると、何かしら入力する情報を間違えてしまうという場合があります。

基本的には、アカウント管理画面から訂正できるのですが、一部の情報については修正できないという場合の方が多いです。それが、「生年月日」です。

住所や氏名については、生活している中で変更になる可能性は十分ありますが、生年月日が変わることはまずありえません。そのため、生年月日はアカウント作成時にしか登録できないのです。

もし、間違えてしまうと、いざ出金する際の本人確認に引っ掛かり、手続きが遅れたり、最悪の場合にはせっかく積み上げた勝利金を出金できないなんていうことにもなりかねません。

その他の情報も、誤って入力すると、やはり訂正は面倒ですので、はやる気持ちは押さえて、きちんと正確に入力することを心がけましょう。

18歳未満は登録できない

ブックメーカーには、18歳以上でないと登録できません。

登録時に厳しく問われることはないので、嘘の年齢を入力し、登録しようと思えば登録は可能ですが、ブックメーカーから勝利金を出金する際には、必ず本人確認書類の提出をしなければなりません。

偽った年齢で登録した場合、「本人確認書類」提出の時点で必ず運営者にバレてしまいます。すると、アカウント凍結や勝利金没収と言った事態になりかねません。

18歳未満の方は、どうしようもありませんので、その時が訪れるまでグッと待ち続けましょう。

1人1アカウントまでしか作れない

ブックメーカーのアカウントは1人1つまでです。

何個でもアカウントを作成できると、ウェルカムボーナス(初回登録ボーナス)を何度も受け取ることができてしまうからですね。

ウェルカムボーナスは言うまでもなく、ブックメーカー側の負担ですから、ボーナス目当ての登録を防ぐためにも1アカウントの制約があります。

ログインできなくなった時に、アカウントを新しく作ろうとする人もいるようですが、発覚すると、アカウントを凍結されたり、資金を没収されたりするので注意しましょう。

そのためにも、自分でしっかりと覚えられるIDやパスワードを設定することが大切です。

準備すべき3つのもの・こと

登録自体は非常に簡単なのですが、ブックメーカーで実際のベット、そして勝利金の出金をしていくにあたっては、準備しておきたいものやことがいくつかあります。

ブックメーカー登録前に準備するべきもの
・入金方法
・出金方法(オンライン決済サービス)
・本人確認書類
順番に見ていきましょう。

入金方法

私のおすすめの「入金方法」は「VISA」のクレジットカードです。

「入金方法」はあなたのアカウントにお金を入れるために必要なので、ブックメーカーに登録してもこれがないとベットできません。

主な入金手段
・クレジットカード
・デビットカード
・銀行振込
・オンライン決済サービス(エコペイズ・ヴィーナスポイント・アイウォレット等)
・ビットコイン

などがあります。初心者の方は、「クレジットカード」や「デビットカード」を利用することが多いでしょう。

「クレジットカード」や「デビットカード」は、ブランドにより利用の可否が分かれます。「VISA」や「MasterCard」ならば、ほとんどのブックメーカーに入金できますが、「JCB」や「American Express」はあまり利用できません。

オンライン決済サービスへの登録

私のおすすめの「出金方法」は「エコペイズ」です。

ブックメーカーで得た勝利金を銀行口座へ出金するには、一度「オンライン決済サービス」を経由する必要があります。

そのため、いざ出金するときに向けて、自分が登録したブックメーカーで利用できるオンライン決済サービスには登録しておきましょう。

基本的に「エコペイズ」であれば、どのブックメーカーでも利用が可能です何に登録していいか分からないと迷われる方は、「エコペイズ」に登録しておけば、問題ないでしょう。

「エコペイズ」も手数料は発生するので事前にチェックしましょう。より詳細な規約については、公式サイトでご確認下さい。

本人確認書類

ブックメーカーで得た勝利金を出金しようと、出金申請をかけた際、本人確認書類の提出が済んでいなければ、ブックメーカーの事務局から催促を受けます。

これは、第三者に資金が行きわたることを防ぐためです。どのブックメーカーでも、必ず本人確認は済ませなければなりません。

具体的に、提出すべき書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(公的身分証明書:運転免許証やパスポートなど)
  • 資金源確認書類(入金に利用したクレジットカードなど)
  • 住所確認書類(公共料金の領収書、クレジットカードの利用明細書など)

提出方法はブックメーカーによりけりです。住所確認書類については、すべて捨ててしまっていて手元にない、と慌てる方も多いかもしれません。

登録時から、出金に向けて1枚くらいは取っておくようにしましょう。

まとめ

ブックメーカーは非常に登録が簡単、入金もクレジットカードがあればすぐにできるので、スポーツベッティングはすぐに始めることができます。

しかし、いくつかの注意点をしっかりと押さえておかなければ、後々面倒なことが起こりかねません。

簡単だからこそ、きちんと正確な手続きを行い、ストレスフリーでスポーツベッティングを楽しめるようにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました