『SBOBET』の本人確認について分かりやすく解説

SBOBET

この記事では『SBOBET』の本人確認をわかりやすく解説します。

『SBOBET』をはじめ、ブックメーカーで出金するには本人確認が必要です。これはマネーロンダリングなどの不正を防止するため、すべてのブックメーカー・オンラインカジノで実施されています。

基本的には一度本人確認をすればそれ以降は不要な作業なので、早めに済ませておくことをおすすめします。

この記事では、ヘルプページに記載されている内容を中心に、『SBOBET』の本人確認について分かりやすく解説します。

『SBOBET』の本人確認に必要な書類

『SBOBET』の本人確認に必要な書類は以下の3つです。

本人確認書類
① 顔写真付きの身分証明書 両面
② 入金確認が出来る書類
③ 発行から3か月以内の公共料金の明細書

※①身分証明書は運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなどでOKです。
※②は、入金に使用したクレジットカードの明細や、オンラインバンクのスクショなどです。クレジットカードを入金に複数枚利用したのであればその枚数分の用意が必要です。
※③銀行口座証明書、保険証書、住所証明書、納税証明書など。

各種書類は有効期限切れなどに十分注意してください。また、書類の住所・氏名などは『SBOBET』登録内容と一致するものでなければなりません。

『SBOBET』本人確認書類の提出方法

『SBOBET』は最初に出金申請をした際に、本人確認書類の提出を求めてきます。

登録しているメールアドレスから、SBOBETの事務局あてにメールでファイルを添付し、提出するという方法が一般的です。

SBOBET事務局アドレス
support@sbobet.com

最初の出金申請よりも前に提出することも可能です。スムーズに出金できるのでおすすめですよ。

『SBOBET』の本人確認書類提出時の注意点

本人確認書類の提出における注意点をまとめました。

『SBOBET』に限りませんが、オンラインカジノやブックメーカーは信用がものをいうサービスなので、書類提出など事務的な手続きは厳格にチェックされます。

不備がないに越したことはないので、ここでポイントをチェックしておいてくださいね。

あなたが登録したメールアドレスから送信する

SBOBET事務局に送るメールは、必ず登録しているメールアドレスから送ってください。

仮にメールの内容が同じでも、登録していないアドレスから送ると確認されずに破棄される可能性があります。運よく内容を見てもらえたとしても、登録したアドレスから再送するように促されるケースもありますので、余計な手間を減らすためにもアドレスは一つで管理しましょう。

でも、こんなケースありませんか?

・登録していたメールアドレスが使えなくなった
・新規のメールアドレスに変更したい

そんなときは、『SBOBET』のアカウント管理画面からメールアドレス変更の手続きをしてから送ってください。

こうすればSBOBET事務局に確認してもらえるでしょう。

画像は四隅がすべて収まるように撮影する

提出した画像の一部が見切れていたり、ちょっとでも四隅が入りきっていない場合は、再提出を求められます。提出前には必ず画像をチェックしましょう。

どんなに情報が鮮明に撮影されていても、四隅がすべて写っていないとその時点でNGです。

あまり被写体をカメラに近づけすぎると、不本意に画像の端が切れてしまうこともあり得ますので、少し距離を離して、必ず四隅がカメラの枠内に収まっていることを確認してから撮影しましょう。

ちょっとした横着が、二度手間三度手間を生んでしまいがちなので注意です。

画像は鮮明に撮影する

四隅が入っていても文字・写真が不鮮明な場合は再提出を求められます。住所や氏名と言った情報を確認するための作業ですので、当たり前ですね。

画像を鮮明に撮るコツ
これは経験談ですが、水平のところに書類を置いて撮影しようとすると、光が入ってうまく撮影できないことが多いです。本やバインダーなどをうまく利用して、斜めの角度から撮影すると、光が邪魔をせずうまく撮影できることが多いので、是非実践してみてください。

クレジットカードの情報は、一部隠して送付する

入金に使用したクレジットカードは、本人確認書類として提出する必要がありますが、『SBOBET』側が求めている情報は、クレジットカードの最初の6桁と最後の4桁のみです。

ですから、7桁目から12桁目までの6つの数字は、個人情報保護の観点からも、隠した状態で画像を送付するようにしましょう。

隠す方法は何でも構いませんが、私は輪ゴムを利用しました。その他、ガムの紙だったり、ガムテープだったり、付箋だったりと色々な隠し方があるようです。あまりに大きなものは、見せるべき部分も隠れてしまうので注意しましょう。

クレジットカードの裏面には必ず記名しておく

クレジットカードは裏面に自分の名前を書いておかなければなりません。

しかし、クレジットカード会社から厳しくその面を監視されているわけではないので、記名をしていないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

普段のショッピング程度ならそれでも問題ありませんが、オンラインカジノやブックメーカーの本人確認では名前の明記が必須です。

記名欄の横にある3桁(もしくは7桁)のCVVは隠した状態で撮影しましょう。

タイトルとURLをコピーしました