スポーツベッティングの魅力は賭け方にあり。面白すぎるたくさんのベッド方法

めちゃめちゃ楽しい理由

この記事ではスポーツベッティングの賭け方についてまとめています。

スポーツベッティングの大きな魅力の1つが、その賭け方の豊富さです。スポーツの試合に賭けると聞くと、試合結果を予想する方が多いのではないでしょうか?

しかし、ブックメーカーでは、試合結果の予想は全体の一部でしかありません。さまざまな方法で、スポーツの試合に賭けることができるのです。

そのさまざまな賭け方について紹介しましょう。

スポーツベッティングの賭け方

スポーツベッティングの賭け方は、以下の2種類に大別することができます。

スポーツベッティングの賭け方
・「試合前ベット」 試合開始前にリザルトや勝敗予想をする賭け方
・「ライブベット」 試合の最中に、次の展開を予想する賭け方

それぞれ分かりやすく解説します。

試合前ベット

試合前ベットは、試合の前に最終結果を予想するというもの。これはイメージをしやすいでしょう。

しかし、この試合前ベットも賭け方が豊富。普通、totoなどでは、勝利するチームがどちらかということだけを予想しますね。

スポーツベッティングでは、最終スコアや先取点を取るチーム、試合経過の予想などなど、非常に様々な方法でベットすることができるのです。

サッカーを例にすると、以下のような賭け方が用意されています。

「試合前ベット」の例
・最終結果
・最終スコア
・前半終了時の結果
・両チームのゴール数
・両チームのコーナーキックの数
・先制点を取るチーム
・ゴールを決める選手

これらはほんの一例に過ぎません。比較的高オッズを狙えるものもあれば、確実に的中を狙える低オッズのものもあります。

少額ベットからハイローラーまで、多くの人々が楽しむことができる賭け方が用意されているのです。

ライブベット(インゲームベット)

ライブベットは、試合中にリアルタイムで次の展開を予想する賭け方のことです。インゲームベットとも呼ばれます。

これは国内のtotoなどではできない、オンラインならではのサービスですね。そしてこのライブベットがあるからこそ、ブックメーカーは絶大な人気を博しているといっても過言ではありません。

試合状況に合わせてオッズが変動するということも特徴のひとつで、このオッズの変化をうまく利用しつつ、キャッシュアウト機能を使いこなすことで、着実に利益を積み重ねていくことができます。

※キャッシュアウト機能についての詳しい解説はこちら

★リンク(準備中です)

サッカーを例にすると、ライブベットでは以下のような賭け方が用意されています。

「ライブベット」の例
・次のゴールはどちらが決めるか
・次の1分間に、ゴール・コーナーキック・フリーキック・スローイン等があるか
・次の5分間に最初に起こる出来事(ゴール・PK・カード・コーナーキック)は何か
・最後に得点するチームはどちらか
・両チームが得点をするか

以上は、ほんの一例です。ブックメーカーごと、また対象の試合ごとにもベット方法は異なります。

このほか、試合前ベットと同じように、試合途中に最終結果を予想する賭け方も可能です。もちろんオッズは常に動いているので、試合前ベットの場合とはオッズ、配当が異なります。

また、試合前にチーム勝利にベットしても、ライブベットでさらに同じチームの勝利にベットすることも可能です。

とにかく賭け方が超豊富。ライブベットならば、試合中に何度も何度も稼ぐチャンスがあります。

ライブベットの魅力

ライブベット最大の魅力は、結果がすぐに確定することです。

通常、最終結果を予想するベットの場合は、試合終了までひたすら待つしかありません。

しかし、ライブベットなら、例えば「次の1分間に起こる出来事は何か?」のようなベットをすると、その数分後には結果確定と払い戻しがあります。このスピード感がスポーツベッティングの醍醐味です。

好きな時に賭けることができ、短時間で結果が出る。これが、ライブベットの最大の魅力です。

ブックメーカーは賭け方が超豊富!

どのブックメーカーであっても、基本的に30を超えるようなスポーツを賭けの対象としており、それぞれのスポーツにおいて、ライブベットを行うことができます。

そのベット方法は、合計すると、常時何万という単位で存在するとも言われています。

1倍台の超低オッズから、何十倍、何百倍という夢のある超高オッズまで、幅広い選択肢からベットを選択することができるので、どんな属性のプレイヤーであっても、楽しむことができるはずです。

オーソドックスなベットを楽しむのもよし、一風変わったベットを楽しむのもよし。賭けの勝ち負けを問わず、様々な種類のベットを試してみる、というのもスポーツベッティングの1つの楽しみ方です。

タイトルとURLをコピーしました