【24時間賭けができる】スポーツベッティングの賭け対象は国内・海外でどんだけあるのよ

めちゃめちゃ楽しい理由

ブックメーカーに登録すれば、世界中の様々なスポーツ、そして様々な大会やリーグに賭けることができます。 実際、どれくらいのスポーツがベット対象、そして何通りのベットができるのか、紹介していきます。

あらゆるスポーツがベット対象

どんなスポーツに賭けられるかは、利用するブックメーカーごとに異なります。

基本的にどのブックメーカーでも賭けられる競技

スポーツベッティングの対象スポーツ一覧
・サッカー ・バスケットボール ・野球 ・テニス ・スーパーオッズ ・オージーフットボール ・バドミントン ・ビーチバレー ・ボクシング ・クリケット ・サイクリング・ダーツ ・eスポーツ ・フットボール ・フットサル ・ゲーリックフットボール ・ゲーリック・ゲームズ ・ゴルフ ・ハンドボール ・競馬 ・アイスホッケー ・MMA(総合格闘技)・モーターレース ・ラグビーリーグ ・ラグビーユニオン ・スヌーカー&ビリヤード ・スピードウェイ ・サーフィン ・卓球 ・バレーボール ・ウィンタースポーツ
サッカーや野球、テニスなどはプレイヤー人口も多く、賭けのイメージがしやすいですよね。そのほか、「ダーツ」「ビリヤード」などの有名だけど人口の少ないスポーツ、「ゲーリックフットボール」「クリケット」などのマイナースポーツも賭けの対象です。 知名度が高くなくても試合があればベット対象になりえるということです。

こんな競技にもベット可能!?

ブックメーカーを見ていると、「え?こんなスポーツも?」なんて驚くものもあるでしょう。日本では、あまりプレイヤーのいないスポーツに出会えるいい機会になるかもしれません。

また、スポーツだけではなく、天気や政治、経済の動きなど、一風変わったベット方法を提供しているブックメーカーもあり、業者ごとに楽しみ方は様々。 これは「188BET」の「第92回アカデミー賞」のオッズ画面です。

さらに最近では、「バーチャルスポーツ」に力を入れているブックメーカーも増えてきています。実際のスポーツの試合ではなく、ゲームセンターなどで遊べるゲームの試合にベットするものです。 これは「188BET」の「バーチャル サッカー・チャンピオンカップ」のストリーミング画面です。オッズは画面下に、ベット内容は試合画面が都度切り替わって表示されたりします。

キャプチャ画像では伝わりにくいですが、ゲームらしいグラフィック以外は、本物の試合と変わりありません。一度始めると病みつきになりますよ。 「eスポーツ」も含め、こうした仮想現実の試合でも賭けを楽しめるのはブックメーカーだけです。

世界中の大会がベット対象

ブックメーカーでは、世界中の様々な国・地域のスポーツの試合がベット対象です。

日本の試合・大会

賭博が合法化されていない日本のスポーツももちろんベット対象です。 たとえば「サッカー」では、J1リーグだけでなく、J2、J3、さらにJFLといった下位カテゴリーまで網羅。天皇杯やルヴァンカップ、アジアチャンピオンズリーグなどの大きな大会にも賭けられます。

天皇杯やルヴァンカップは、強豪チームでもメンバーを落として試合に臨むことが多いので、実力差のあるチーム同士の対戦でも、意外と前評判通りにはいかないところが面白いですよね。

大きな大会はメンバーやコンディションなど、リーグ戦よりも影響を受ける要素が多いので、オッズが歪みやすく、高オッズを狙うことも可能です。本当にいろいろな試合にベットできるので、やればやるほど美味しいオッズを見つけられるはずですよ!

外国の試合・大会

日本のみならず、世界中の様々なスポーツ、さらにそんな下位のリーグまで?と驚くようなものもベット対象です。 欧米圏の有名な国々はもちろんのこと、カザフスタンやネパール、エチオピアなどの国々の試合にベットできる時もあります。 さすがに情報がなさすぎたので、賭ける気にはなりませんでしたが・・・(笑) また、イングランドのサッカーでは、若い世代のユースチームの試合もベット対象になっていたこともあります。 日本の久保建英選手のように、将来のブレイクが期待される選手を知っている方なら、そういったニッチな部分も狙い目になるかもしれませんね。

トータルのベット数

ブックメーカーで取り扱っている試合は、トータルで何種類になるのでしょうか。 正直に言って、あまりにも数が多すぎて計算できません(笑) すごくシンプルに考えると、
  • 競技数:30種類
  • 賭けられる国:150か国
とすれば、その数は4500種類。ただし、これはあくまでも計算しやすいように概算した数値です。 さらに、競技ごとに様々な試合が行われており、例えばJ1リーグの場合には、全9試合がベット対象になります。すると、その数はどんどん膨れ上がっていきますね。 とにかく、多くのベット方法が提供されているということだけは間違いありません。

24時間いつでもベット可能

ブックメーカーに登録していれば、24時間365日、いつでもどこでもベットが可能。 日本で真夜中の時間帯であっても、地球の別の地域では、スポーツをするのに最適な時間という場合がありますからね。 ブックメーカーは、東京以上に眠らない街(サイト?)ということになるでしょう。 ベット自体も、ほんの少しのスマホ操作だけで簡単に済ませることができます。
ベットをするなら… ・満員電車の中 ・トイレの中 ・スマホゲームのスタミナ回復待ち ・カップラーメンができ上がるまでの間 ・友達の待ち時間 ・ゆで卵ができるまでの時間
日常のあらゆるタイミングに、稼ぐチャンスが眠っているのです。

ベット方法も豊富

ブックメーカーにおけるベット方法は、大きく「試合前ベット」「ライブベット」の2つに大別することができます。それぞれ簡単に説明しましょう。

試合前ベット

実際にベットしてから結果が出るまでに、ある程度時間がかかることが特徴です。 試合前ベットでは、「勝利するチームはどちらか」「最終スコアはどうなるか」などといったシンプルな予想から「逆転勝利はあるか」「○○選手はゴールを決めるか」など、様々な種類のベットを楽しむことができます。

ライブベット

実際に賭けてから結果が確定するまでの時間が比較的短く、さくさくベットできるのが特徴です。 ライブベットでは、リアルタイムでどのようなことが起こるかをベット対象としています。
ライブベットの例 ・次のゴールはどちらか ・次の15分間に起きる出来事は
等々。試合前ベット以上に多くのベット方法が用意されており、常時100種類くらいはあるという印象です。膨大なボーナスの出金条件を消化していきたいという方も、ライブベットで色々と賭けまくるのがいいでしょう。

まとめ

ブックメーカーを利用すれば、世界中の様々なスポーツに対して、様々な方法でリアルマネーをベットすることができます。 24時間、世界の各地で必ず何かしらのスポーツの試合が行われているので、まさにいつでもどこでもベットが可能。 目の前のチャンスを逃さないようにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました