【要注意】ブックメーカーの「ボーナス」は早めに消化しないとヤバイ!

ボーナス活用術

無料で一気に軍資金を増やすことができるため、非常にお得感が強いブックメーカーの「ボーナス」。

しかし、メリットだけではなく、いくつかのデメリットが存在することには注意が必要です。その中でも、特に気を付けておきたい「有効期限」について、この記事で解説していきます。

「ボーナス」には有効期限がある

ブックメーカーでお得に受け取れるボーナスには、必ず「有効期限」があります。

有効期限は、「ボーナス」の種類により様々ですが、短い場合には1~3日程度、長くても90日程度と定められています。

有効期限を過ぎるとどうなる?

「ボーナス」の活用において、最も注意が必要なのは、有効期限を過ぎてしまうことです。

例えば、あなたが10月1日に有効期限30日間のボーナス(200ドル)を獲得したとしましょう。

入金した200ドルと合わせて400ドルの軍資金。順調にベットを的中させ、資金が1200ドルにまで増えています。

さて、この時点であなたは出金条件の90%を満たしているという状況。

ここで有効期限を迎えてしまった場合、この「ボーナス」はどうなるのでしょうか?

結論から言えば、ボーナスの200ドルはもちろんのこと、「ボーナス」を元手にして増えていった800ドルの勝利金も全て、没収されることになってしまうのです。

泣き言を言っても通用しません。

有効期限を過ぎると…
・「ボーナス」金200ドルが没収
・「ボーナス」を元手に増やした勝利金も没収

「ボーナス」は早めに消化しないとヤバイ!

「ボーナス」を受け取ったら、なるべく早く出金条件を消化し、出金できる状態(キャッシュ化)しておくことが重要です。さもなければ、上記で紹介したように、ボーナス元本はもちろんのこと、それに伴う勝利金までも失うことになります。

しかし、早く出金条件を消化しようと、闇雲にベットしていると、なかなか的中させることができず、資金は目減りするばかりということもありえます。

また、出金条件を消化しているつもりでも、オッズが所定の数値を下回っている場合には、全く反映されていないこともあります。ブックメーカー各社、また提供される「ボーナス」によって、それぞれルールは異なっているので、必ず確認しておくようにしましょう。

難しいことを考えたくない、シンプルにベットを楽しみたいという方は、最初からボーナスを受け取らないということも選択肢の1つです。

ボーナスがなくても、ベットを的中させられれば、資金を増やし、利益を出すことはできますからね。

ボーナスをもらったら…
・ボーナスのルールを必ず確認する
・とにかく出金できる状態にする(キャッシュ化)
・煩わしいならボーナスを受け取らない方法もアリ

タイトルとURLをコピーしました