『bet365』の本人確認について分かりやすく解説

bet365

この記事では『bet365』の本人確認をわかりやすく解説します。

『bet365』をはじめ、ブックメーカーで出金するには本人確認が必要です。これはマネーロンダリングなどの不正を防止するため、すべてのブックメーカー・オンラインカジノで実施されています。

この記事では、ヘルプページに記載されている内容を中心に、『bet365』の本人確認について解説します。

『bet365』の本人確認に必要な書類

『bet365』の本人確認で必要な書類は以下の書類とおりです。すぐに提出できるよう、まずは事前に確認しておきましょう。

本人確認書類
① 顔写真付きの身分証明書 両面

具体例としては、運転免許証やパスポートといったものが挙げられます。記載内容が日本語でも問題ありません。しっかりと審査には通りますのでご安心ください。

運転免許証の場合は両面の画像を、パスポートの場合は顔写真ページと現住所が記載されているページについては必須となります。

『bet365』の本人確認書類の提出方法

『bet365』の本人確認書類の提出方法について具体的に解説します。

STEP1. 画面右上の人型アイコンをクリックします

STEP2. 下記メニュー画面の「Members」をクリック

STEP3. 「My Account」をクリック

STEP4. 「Know Your Customer」をクリック

STEP5. 「Upload an Identity Document」をクリック

STEP6.  パスポート、運転免許証、IDカードのうち、いずれかを選択
この記事では、運転免許証をアップロードする場合を想定します。

STEP7. 「Choose file」をクリックし、予めスキャンや写真撮影により電子化しておいた運転免許証のファイルを選択

STEP8. 赤枠内に選択したファイルが表示されるのを確認

表示されたファイルに間違いがなければ「Complete」をクリックして手続きは完了です。

『bet365』の本人確認書類提出時の注意点

『bet365』で本人確認書類の提出を行う際の注意点について説明します。以下の点に注意して手続きをすすめてくださいね。

不備があると再提出などで二度手間になる可能性があります。

画像は四隅がすべて収まるように撮影する

提出した画像の一部が見切れていたり、ちょっとでも四隅が入りきっていない場合は再提出です。提出前に必ず画像をチェックしましょう。

どんなに情報が鮮明に撮影されていても、四隅がすべて写っていないとその時点でNGです。

被写体をカメラに近づけすぎると、不本意に画像の端が切れてしまうこともありますので、少し距離を離して、必ず四隅がカメラの枠内に収まっていることを確認してから撮影しましょう。

ちょっとした横着が、二度手間、三度手間を生んでしまいがちなので注意です。

画像は鮮明に撮影する

四隅が入っていても文字・写真が不鮮明な場合は再提出です。住所や氏名を確認するための作業なので気を抜かないようにしましょう。

画像を鮮明に撮るコツ
これは経験談ですが、水平のところに書類を置いて撮影しようとすると、光が入ってうまく撮影できないことが多いです。本やバインダーなどをうまく利用して、斜めの角度から撮影すると、光が邪魔をせずうまく撮影できることが多いので、是非実践してみてください。

クレジットカードの情報は、一部隠して送付する

入金に使用したクレジットカードは、本人確認書類として提出する必要がありますが、『bet365』側が求めている情報は、クレジットカードの最初の6桁と最後の4桁のみです。

ですから、7桁目から12桁目までの6つの数字は、個人情報保護の観点からも、隠した状態で画像を送付するようにしましょう。

隠す方法は何でも構いませんが、私は輪ゴムを利用しました。その他、ガムの紙だったり、ガムテープだったり、付箋だったりと色々な隠し方があるようです。あまりに大きなものは、見せるべき部分も隠れてしまうので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました